織と染めの創る世界観


自由度の高い表現力

自由な表現と深みのある質感を実現したフクレ織と染めの融合

博多織は一般的に糸を先染めし、織の段階で文様を生み出していく手法が一般的だが、鵬翔では後染めによって、これまでにない博多織の自由な表現を可能にしている。
その染めの魅力をさらに引き立てているのが鵬翔独自の技術である「フクレ織」。うっすらと生地に浮かぶ陰影の文様は、単に染めただけの織物とは違った深みのある幽玄な世界を演出し人々の目を捉えてはなさない。

染めは京都伝来の卓越した技術と、草木染を中心としたやさしい風合いの色が特徴。染めとしての表現の幅は無限といってもよく、古典的なデザインからモダンアートを感じさせる洗練されたデザインまで自由自在に表現できる。このフクレ織と染めのコラボレーションは作り手と着る人の想いと表現力を引き出す、新しい時代の日本文化の可能性を秘めた織物といえる。



ページトップへ