鵬翔の博多織


鵬翔の博多織

やわらかな日差しに映える博多織

博多の静かな朝、やわらかな日差しと爽やかな風が一日の始まりを告げる。その澄んだ空気の中に博多織の雅が映える。博多の明るい午後、心地よい街の賑やかさが気分を楽しくさせる。博多織の美しい染めがはずむような心をうつしだす。引き締まった織が、美しい染めが着る人の心をとらえ、一日を鮮やかに染め上げる。

博多の明るい日差しは、人々の服の色を鮮やかに映し出す。自由度の高い染めの技術で彩られた、色彩豊かな博多織は気分に合わせ四季折々で楽しめる。草木染で染められた鵬翔の博多織は博多の明るくやさしい光にすっと溶け込む。ほのかでやさしい柄が、フクレ織に刻まれた文様を浮かび上がらせて美しい。
四季の光を映しこむ繊細な美しさは鵬翔博多織がもっとも輝くときでもある。



ページトップへ