熟練の職人の手による伝統の技法


鵬翔の博多織

<上段> いくつもの工程を重ねて染め上げられる織。<下段左> 日々、工房で腕をふるう職人たちの姿。
<下段中> 刷毛染めの様子。熟練の手が優美な曲線を描く。<下段右> すばやく板に織を張り込む職人。

日本唯一の“染め”の博多織。とらわれない心が表現を広げる。

博多織は先染めの糸で織り上げるのが一般的だが、鵬翔は博多織唯一の後染めで織物を仕上げている。
一般的な博多織の幾何学的で男性的な図柄に対し、後染めによる博多織は柔軟で発想豊かな柄が特徴。例えば大理石の文様をモチーフとした柄や、絵画のような自由な表現も思いのままに染め上げることができる。

鵬翔の染めは草木染を中心とした穏やかな表情と柔らかな風合いに特徴がある。フクレ織の生地をベースとして染め上げられる博多織は、これまでの博多織の無骨なイメージとは違って、しとやかで主張しすぎない、日本の伝統的な精神性を感じる逸品である。
染めの技術は京都伝来の技法を身につけた熟練の職人の手によるもの。伝統の確かな技術、そして豊かな発想による新しい技法の開発―そこには織物職人というだけでなく、アーティストの感性が生きている。



ページトップへ