独自の締め心地と堅牢さ


博多織唯の特徴

<上段> 彩り豊かに揃えられた博多織の鵬翔帯の数々。
<下段> 女性のおしゃれ帯としての質と美しさは高く評価されており、幅広い年齢層に愛されている。

帯としての締め心地は日本有数世代をこえて愛用される博多織

中国より学んだ織物技術を、独自の手法で進化させてきた博多織。その長い伝統は革新の連続といっても過言ではなく、博多独自の産物として江戸時代では将軍家に献上された歴史ある織物でもある。
博多織は一般的な着物や帯と比べると、生地に使う糸が比較的に太く、腰の強いものを使う。また織り方も「打ち込み」と呼ばれる、横糸を縦糸に織り込む作業でも、力強く打ち込むのが特徴。

そうして織りあがった博多織は、他の織物に比べてはるかに堅牢で、引き締まった生地となる。この博多織の生地の特徴こそが博多織の独特の締め心地を生んでいる。 「絹鳴り」と呼ばれる、博多織を締めたときの「きゅっきゅっ」という心地のよい音は、博多織の上質な締め心地の証。その中でも上質なシルクで作られる鵬翔の博多織は、やさしい風合いの加わった絶品となっている。



ページトップへ